2013年08月13日

ほなまたね。


という事で、京都ブログもあと僅か。


この寺を創設した明恵上人が敬愛したと言う、

善財童子の像がぽつんと佇んでいます。


明恵上人は、仏教の有名な人物の一人。

同世代の友人たちが、つぎつぎと自分の宗派を立てて行くのに反対して、

宗派を作らなかった人だという。


確かに、うちの両親はどちらも仏教徒だったのに、

それぞれの家系の葬式では、全然違う念仏が唱えられてて、

それでも同じ仏教か!って思ったよね。


細かい形式にとらわれ過ぎると、大きなものが忘れがちになるよね。

いままで京都の寺を散々廻って、世界遺産をほぼ全て廻って、

最後の最後にたどり着いた高山寺で、

古き良き日本の歴史に出会えたような気がしました(´-`).。oO(


posted by ISHILOG at 10:00| Comment(0) | ishigurokoichi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。