2011年09月12日

黄色いモノを目指して〜パート1。

さて、夕張に来たのは、メロンを仕入れにというわけじゃありません!

夕張駅から一駅戻って、あるものを探しに(^^

このシートと肘掛けと側面の鉄骨の形って、究極の形だと思います。

美しい(^^

田舎の汽車は、窓が下から開くんです!!

田舎に似合わない、ペプシドライ(^^

山奥の線路際にホームがあるだけって感じの無人駅です。

駅っていうより、汽車乗り場って感じ?

無人駅って、誰も居ないからこそ、

逆に、人の暖かみが感じられますよ(´▽`)

利用している人の気持ちが飾られています。



posted by ISHILOG at 10:00| Comment(2) | ishigurokoichi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですね、この待合室で映画一本撮れそうな感じです。いや、撮ってみたい感じです(´▽`)
Posted by ishigurokoichi at 2011年09月16日 04:44
あ〜・・・。
暖かい 待合室。

この感じ。。。 何かの映画のワンシーンにあったような 無いような〜。

良い感じです。
Posted by レモン♪ at 2011年09月16日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。