2010年03月18日

演歌という事。


演歌は日本の心?

演歌という名前は確かに古いけど、そういったハンドトゥーハンドで音楽を伝えるという方法は今も昔も大切な事です。

昨今の路上アーティストなんてのも、ひょっとすると、演歌のプロモーション方法と同じなのかも?

心を繋ぐ。

心はネットなんかじゃ繋がらない。

生身の心と生身の心が共振し合うような。


なんて、

打ち合わせの待ち時間で、演歌のポスター見ながら考えておりました(^^


タグ:演歌
posted by ISHILOG at 10:00| Comment(0) | ishigurokoichi | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。